レビトラ各剤量型

levitra_Lレビトラ5mgは日本だけ販売されている剤量型です。日本人の体質に合わせ、開発された最適のレビトラ商品です。以前の日本ではレビトラ10mgや20mgしか流行していません,多くの日本のレビトラ使用者が、その強力の効果に耐えられません。レビトラ各剤量型についてはそんなに大きい違いはありませんが、人によって効果が変わります。レビトラ各商品を選ぶとき、自分の体調によって購入してください。

初心者に対してはレビトラ5mgを推薦します、また性行為長期改善したい方もこの剤型が一番刺激が低い、最も相応しいです。

レビトラ10mgや20mgなどには違いは小さいですが、刺激抵抗力の弱い人には10mgがお勧めします。レビトラ20mgを使う場合は依存症にご注意してください。長期間連続服用はご遠慮下さい。

  • レビトラ20mg
  • レビトラ20mg
  • レビトラ20mg
  • レビトラ20mg
  • レビトラ10mg
  • レビトラ20mg

images

 

レビトラ5mgの情報です

本サイトでは、レビトラネット通信販売として日本で唯一のものです。レビトラ5mgの販売は2010年から現在までです。レビトラには弱、中、強の3種類の用量と分けています。レビトラ5mgは日本限定製造されているやつです。現在のクリニックと病院ではレビトラ5mg処方の取引はできませんので、本店の通信販売のみできます。レビトラ5mgはバイアグラ、シアリスなどのED治療薬のなかで最も副作用が少ないお薬です。食事の制限もほぼありません。アールコールと一緒に飲めますのが特徴です。

レビトラ5mg服用20分後から効き始め、30分後にピーク効果が出ます。その後、徐々に効果が弱まり、服用3時間後にサポート弱まります。その後も少し薬効は残りますが、強効果剤型のレビトラほどはなりませんので、ご了承ください。

レビトラ10mgの情報です

levitra06_thumレビトラは赤い炎という意味のED治療薬です。レビトラ10mgはバイアグラ50mgとほぼ同じのこうかで、バイアグラ100mgは日本政府が禁止されていますが、バイアグラ50mgで効果聞かない場合はレビトラ10mgで治療し続けできます。日本では2004年に製造許可が得られ、今までレビトラ10mgを販売しております。

レビトラ10mgは他の剤型より即効性が高く、服用約15分で効果が見えます。レビトラ10mgは薬の併用そんなに制限がありませんので、自由に召し上がり可能です。

レビトラ20mgの情報です

levitra07_thum2007年7月18日、勃起不全治療薬のレビトラ20mgが新たに発売され、バイアグラの後第二番目のED治療薬となりました。レビトラ20mgあんまり効果変わりませんが、もしレビトラが長期間服用し、依存症がややある人や、レビトラ10mgに効果効かない人にはレビトラ20mgで治療できます。